[2021-06-09]

bind9

server$ sudo apt install bind9

使用中のDNSサーバの確認

クライアントに設定されているDNSサーバはnmcliコマンドで確認できる。

$ nmcli device show | grep DNS
IP4.DNS[1]: 8.8.8.8
IP4.DNS[2]: 8.8.4.4
IP4.DNS[3]: 1.1.1.1

用語

コンテンツサーバ(権威サーバ)

あるゾーン(DNSにおける名前の管理単位)に関する名前解決要求(非再帰問い合わせ)を受け取り、自身が管理するゾーンならば名前解決結果を、委任情報を持つゾーンならば委任先の権威サーバ情報を応答する。

ルートゾーン(FQDN: .)を管理するルートサーバは、TLD(例えば jp.)の権威サーバへの委任情報を持つ。

ゾーン情報において、NSレコードにより指定される。

キャッシュサーバ(フルサービスリゾルバ)

クライアントから名前解決要求(再帰問い合わせ)を受け取り、 コンテンツサーバへ反復的に名前解決要求(反復問い合わせ)を送ることで任意のドメイン名の名前解決を行う。

例えばhoge.example.jp.というドメインの名前解決要求を受け取ったとき、 ルートサーバ.への非再帰問い合わせによりjp.権威サーバへの委任情報を取得する。 jp.権威サーバへの非再帰問い合わせによりexample.jp.権威サーバへの委任情報を取得する。 example.jp.権威サーバへの非再帰問い合わせによりhoge.example.jp.のIPアドレスを取得する、のような流れで反復的に問い合わせを行うことでhoge.example.jp.の名前解決を行う。

ISPの提供するDNSサーバや会社などの組織内DNSサーバ、GoogleやCloudflareなどが提供するパブリックDNSがある。

回送

プロキシのように、受け取った名前解決要求を他のDNSサーバに送り、 応答を返す。

/etc/bind/named.conf.options

自身が管理していない情報(ゾーン、委任情報)に関する問い合わせについて、 他のDNSサーバ(フルサービスリゾルバ)に問い合わせを回送するように設定する。

デフォルト設定ファイル

options {
directory "/var/cache/bind";
// If there is a firewall between you and nameservers you want
// to talk to, you may need to fix the firewall to allow multiple
// ports to talk. See http://www.kb.cert.org/vuls/id/800113
// If your ISP provided one or more IP addresses for stable
// nameservers, you probably want to use them as forwarders.
// Uncomment the following block, and insert the addresses replacing
// the all-0's placeholder.
// forwarders {
// 0.0.0.0;
// };
//========================================================================
// If BIND logs error messages about the root key being expired,
// you will need to update your keys. See https://www.isc.org/bind-keys
//========================================================================
dnssec-validation auto;
auth-nxdomain no; # conform to RFC1035
listen-on-v6 { any; };
};

変更点

forwarders {
8.8.8.8;
8.8.4.4;
1.1.1.1;
};

確認

server$ systemctl restart bind9.service
client$ dig @192.168.x.x aoirint.com
...
;; ANSWER SECTION:
aoirint.com. 3600 IN A 185.199.108.153
aoirint.com. 3600 IN A 185.199.111.153
aoirint.com. 3600 IN A 185.199.109.153
aoirint.com. 3600 IN A 185.199.110.153
...

/etc/bind/named.conf.local

DNSサーバの管理するゾーンの名前と対応する設定ファイル(ゾーンファイル)を設定する。

//
// Do any local configuration here
//
zone "example.com" IN {
type master;
file "example.com.zone";
};
// Consider adding the 1918 zones here, if they are not used in your
// organization
//include "/etc/bind/zones.rfc1918";

/var/cache/bind/example.com.zone

ゾーン情報を設定する。

$ORIGIN example.com.
$TTL 3600
@ IN SOA dns.example.com. root.example.com. (
2021060900 ; Serial
3600 ; Refresh
900 ; Retry
604800 ; Expire
86400 ; Minimum
)
IN NS dns.example.com.
dns IN A 192.168.xx.xx
@ IN A 192.168.xx.xx
local IN A 192.168.xx.xx
dev IN A 192.168.xx.xx
server$ systemctl restart bind9.service
client$ dig @192.168.x.x example.com
...
;; ANSWER SECTION:
example.com. 3600 IN A 192.168.xx.xx
...
client$ dig @192.168.x.x local.example.com
...
;; ANSWER SECTION:
local.example.com. 3600 IN A 192.168.xx.xx
...
client$ dig @192.168.x.x dev.example.com
...
;; ANSWER SECTION:
dev.example.com. 3600 IN A 192.168.xx.xx
...