PulseAudioで特定のアプリケーションからの音声出力だけを分離する

以下のコマンドで仮想出力デバイスDummyOutput0と、そのループバックLoopback from Monitor of DummyOutput0が追加される。

pacmd load-module module-null-sink sink_name=DummyOutput0 sink_properties=device.description=DummyOutput0
pacmd load-module module-loopback source=DummyOutput0.monitor

pavucontrolまたはPulseAudio Volume ControlPlaybackから 目的のアプリケーションの出力先をDummyOutput0にする。 また、Loopback from Monitor of DummyOutput0の出力先を 希望のスピーカーにすることで音声出力を分離しつつ同時に視聴できる。

仮想出力デバイスとループバックを削除するには、以下のコマンドを実行する。

pacmd unload-module module-loopback
pacmd unload-module module-null-sink