スニペット: Pulseaudioでマイク入力をスピーカ出力する

まずはPCに接続されている音声入力デバイスのIDを確認する。

pactl list short sources
# pactl list sources
3   alsa_output.pci-0000_00_1f.3.analog-stereo.monitor  module-alsa-card.c  s16le 2ch 44100Hz   RUNNING
4   alsa_output.pci-0000_01_00.1.hdmi-stereo.monitor    module-alsa-card.c  s16le 2ch 44100Hz   RUNNING
5   alsa_output.usb-GeneralPlus_USB_Audio_Device-00.iec958-stereo.monitor   module-alsa-card.c  s16le 2ch 44100Hz   RUNNING
6   alsa_input.usb-GeneralPlus_USB_Audio_Device-00.analog-mono  module-alsa-card.c  s16le 1ch 44100Hz   RUNNING

ここでは、以下のようになっている。

ID 種類
3 本体のヘッドホン端子
4 HDMI
5 USBサウンドカードのヘッドホン端子
6 USBサウンドカードのマイク端子

以下のコマンドで、ID=6のUSBサウンドカードのマイク端子に入力されている音声をスピーカにループバックするモジュールがロードされる。

pacmd load-module module-loopback source=6

必要に応じて、pavucontrolを開いて出力先デバイスを設定する。

以下のコマンドで、ループバックモジュールをアンロードする。

pacmd unload-module module-loopback